ロウソク足は最強のインジケーター

ロウソク足のヒゲは最強にして最も早く気付けるサインです。ヒゲに着目すると、無駄な失敗トレードが劇的に減ります。さらに、押し目買いや戻り売りで乗り遅れる事もなくなります。インジケーターは価格の後追いですので、サインが出た頃にはだいぶ動いてしまっています。今日はバタバタしていてチャートを見る時間がなかったのですが、夜から参戦。ヒゲを使ったシンプルなエントリーとエグジットです。昨夜記事をアップする予定でしたが、そのまま寝落ちしてしまいました。

環境認識(4時間足・1時間足)

4時間足をみるとずっと高値と安値を切り下げる下落トレンドでしたが、直近の高値を抜いてきたあとに揉みあい相場になりました。チャートを開いた時にはピンクの丸で囲った部分が下ヒゲになっているのを確認したので、押し目買い狙い戦略をたてました。1時間足ではオレンジの線で流れを追っていますが、高値と安値を切り上げる上昇トレンドができています。こうなるとこの記事でも書いたダウ理論の「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」にもあるように、下げても押し目買いが入ってくるので非常に売りづらくなります。こういうときは素直に流れに従って買いで攻めましょう。で、買うにしても注意しなければならないのが、チャートに見えるように4時間足レベルでの安値を更新した起点あたりに現在位置しているということです。売りはないにしても、買うにしても注意しなければならない相場だという事を認識しておきましょう。

エントリー(15分足・1分足)

いったんは紫の水平線を引き始めたロウソク足の上ヒゲ近辺(4時間足の安値を更新してきた起点となった位置)で下落し始めています。再度の上昇をとりあえず15分足の直近の高値くらいまでは狙える(10PIPS以上)ので紫色のサポート近辺からオレンジの丸で囲った位置で下ヒゲを連発していることを根拠に1分足でタイミングをはかってエントリーしました。1分足では黄色丸の高値を更新した起点あたりで再度緑の四角で囲ったとおり揉みあい出し、超短期的に底堅さを見せたので買いエントリー。

結果(+19.8PIPS)

利確は15分足で上ヒゲをつけたあとに次の足がハラミ足になって若干、方向感がなくなったと感じた位置です。損切りは5PIPSに設定していたので、リスクリワードは1:4くらいになりました。その後は10PIPSほど上昇していましたが、やはり上からの圧力とぶつかり揉みあい相場に。買われたら売られる。売られたら買われるが相場の原理原則であることを忘れずにイケイケ相場の時以外は欲張らないようにこまめに利確しましょう。今回も値動きを予想することなく、ただただ事実についていくだけのトレードでした。

1.19319 買いエントリー

1.19517 売りエグジット

+19.8PIPS

エグジット

 

★WSBBGのサイトをご覧いただき、ありがとうございます☆
↓ブログランキングに参加しています。お手数ではございますがポチッとご協力をお願いいたします。↓

デイトレードランキング

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です