FXの相関関係・逆相関関係は必ずそうなるというわけではなく、投資家心理や傾向から、短期的に、または中長期的に、そのようになる可能性があるという程度で覚えておいてください。そうすると、自分にとって強い味方となってくれます。相関関係・逆相関関係は過去相場の検証でみるのは大変な作業になりますから、リアル相場での判断材料として使ってみてください。

相関関係

・米(アメリカ)政策金利が上がるとDow(ダウ)・ドル円・日経225は上昇しやすい。逆に下がると下降しやすい。

・米(アメリカ)雇用統計・GDP(国内総生産)が良い結果であると、Dow(ダウ)・ドル円・日経225・原油は上昇しやすい。逆に悪い結果であると、下降しやすい。

・ユーロ政策金利が上がるとユーロドルは上昇しやすい。逆に下がると下降しやすい。

・英政策金利が上がるとポンドドルは上昇しやすい。逆に下がると下降しやすい。

・世界的な不測の事態が起こると、ゴールドは上昇しやすい。

逆相関関係

・日本政策金利が上がると日経225とドル円は下降しやすい。逆に下がると上昇しやすい。

・世界的な不測の事態が起こると、Dow(ダウ)・ドル円・ユーロドル・ポンドドル・日経225・原油は下降しやすい。

・米(アメリカ)政策金利が上がるとDow(ダウ)・ユーロドル・ポンドドル・ゴールド・原油は下降しやすい。逆に下がると上昇しやすい。

・米(アメリカ)雇用統計・GDP(国内総生産)が良い結果であると、ユーロドル・ポンドドル・ゴールドは下降しやすい。逆に下がると上昇しやすい。

まとめ

いかがでしたか?ゴールドは安全資産として捉えられていますので、マイナスな事が起こると買われやすくなります。また、Dow(ダウ)は世界最大の株のマーケットで世界経済情勢を示す指標となります。さらに、原油は中東から世界へ大量に供給されていますので、供給が減ってしまった場合など、原油価格に大きな影響を及ぼします。

FXについて悩みなどあれば、質問等こちらのお問い合わせかLINE@から受け付けています。頑張っていきましょう。





友だち追加 WSBBGのLINEオリジナルスタンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です