FXを始めて最初の頃は国内口座を使っていましたが、日常的に急激なスプレッドの広がりを繰り返していたため海外FX業者のXMTRADINGを愛用していました。ここ一カ月ほど一切の偏見を捨てて国内・海外のFX業者をゼロベースで考えました。今回、私がFX教育を行う者としての威信をかけてFX業者を選んだので参考にしてください。

その結果、こちらのFX業者を今後、メインで使っていく事に決めました。多分、トレーダーの8割以上が自分の使っているFX業者の事、よく理解していないと思うので、これを機に、よく調べて理解していただきたいと思っています。

威信をかける。クワァ。

ゼロベースで国内FX業者も視野に入れて選別したが、やはり選ぶに至らなかった

海外のFX業者のデメリットは出金でしょうか。私は銀行送金しか使った事がないため、出金に5日前後を要します。それが理由で国内FX業者を再選択する事を一度は考えたのですが、やはり国内FX業者の多くは、信頼に欠けるという点で選ぶ事ができませんでした。

国内のFX業者を選べなかった理由

1、MT4に対応していない業者がほとんど

2、ゼロカットシステムがない

3、国内のFX業者のほとんどがDD方式を採用しているため、透明性に大きく欠ける

4、DD方式を採用して、既に呑み行為で利益を得ているのに、さらにスプレッドでも利益を得ているのが気に入らない

5、2019年1月3日のフラッシュクラッシュで国内のFX業者の多くが急激なスプレッドの開きを出してしまった。酷い業者では100PIPS以上。あまりにも酷すぎるため、非常事態に、わざとスプレッドを大きく開き、利益を得ているのではと疑ってしまう私がいました。この急激なスプレッドの開きでどれだけ多くのトレーダーが強制ロスカットに追い込まれたか。

こちらの海外FX業者を選んだ理由とは

1、海外のFX業者の中で最狭スプレッドをうたっているXMTRADINGよりスプレッドが狭い(USDJPY・EURUSD・GBPUSD・EURJPY・GBPJPY)。

2、ゼロカットシステムを採用している(これは当たり前)。

3、資金1000万円までレバレッジ500倍

4、フラッシュクラッシュの時でも、スプレッドの開きが数PIPSであったという事実(超重要)

5、MT4に対応している(当たり前)。

まとめ

正直、今回ほどFX業者選びに神経を使った事は、ありませんでした。ぜひ、こちらを最後まで読んで、理解を深めていただきたいと思っています。個人トレーダーは非力ですから、たった一回のFX業者の不手際で消えてしまうほど脆い存在です。FX業者もやはり、より安心・安全に近いFX業者でなければ意味がないなと再認識しました。

★WSBBGのサイトをご覧いただき、ありがとうございます☆
↓ブログランキングに参加しています。お手数ではございますがポチッとご協力をお願いいたします。↓

ユーロドルランキング

友だち追加

WSBBG ダブズビービージー LINE ラインオリジナルスタンプ ピッグウォッチ ブタイムはこちら↓
WSBBGのLINEオリジナルスタンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です