今使っているFX口座をやめる決意をされた方、賢明です。FX業者はあなたの大切な資金を預かっているわけで、より信頼性の高い口座選びをすることがとても重要です。私はFX証券会社主催のコンテストで第3位に入賞した実績があり、現役のトレーダー且つ、FXの個別指導やFXの勉強会を主催で行っています。

私自身、国内のFX業者を多数、海外のFX業者を3社使ってきました。

私の今までの経験から一番だと考えるこちらのFX業者をぜひ参考にしてみてください。

FX口座をやめるなら威信をかけて紹介するクワァ。

あなたがFX口座をやめる理由

・MT4に対応していない業者である

・ゼロカットシステムがない

・国内のFX業者のほとんどがDD方式を採用しているため、透明性に大きく欠ける

・合法ではあるが呑み行為の疑いがある

・ポジション狩りをしている疑いがある

・コロナショックでスプレッドの広がりが他の業者に比べて粗悪である

皆さんがFX口座をやめる理由としてはこんな感じでしょうか。2019年1月3日のフラッシュクラッシュで国内のFX業者の多くが急激なスプレッドの開きを起こしました。酷い業者では100PIPS以上。あまりにも酷すぎるため、非常事態に、わざとスプレッドを大きく開き、利益を得ているのではと疑ってしまう私がいました。この急激なスプレッドの開きでどれだけ多くのトレーダーが強制ロスカットに追い込まれたか。

今回のコロナショックでみてみると市場はとても不安定になっており、フラッシュクラッシュといかないまでも多少荒々しい相場となっていますので仕方ないと思える部分もあるわけですが、それにしても業者で差が出すぎです。もっとお客様の大切な資金を預かっているという意識は持ってほしいものです。

下記は私が呟いたTwitterの内容です。コロナショックでは市場が不安定であるため、お知らせを流している業者もありました。

そうは言っても、国内にも少ないですが信頼できるFX業者はありますし海外にも粗悪なFX業者はあります。

私がおすすめするFX業者

・海外の最狭スプレッドをうたっているFX業者よりほとんどの通貨ペアのスプレッドが狭い。

・ゼロカットシステムを採用しているので追証が発生しない(国内のFX業者にはない)

・NDD(ノー・ディーリング・ディスク)方式のため、全ての取引がインターバンクに流されていて安心である(業者の利益は狭いスプレッドのみ)

・損切りがタイトに設定できる

・コロナショックでも多くの国内FX業者よりスプレッドが安定している(国内の業者は原則0.3PIPSをあげているが、コロナショックでは60PIPS以上スプレッドが開いた業者もある。

・フラッシュクラッシュ時に、スプレッドの開きが数PIPSであったという事実(超重要)

・MT4に対応している

まとめ

今回を機に、FX口座をやめる決意をされた方、ぜひ、今まで使っていた業者と比べてみてください。個人トレーダーは弱い存在ですから、たった一回のFX業者の不手際で消えてしまうほど脆い存在です。FX業者もやはり、より安心・安全に近い業者をおすすめします。

私がおすすめるFX業者のご登録はこちらから





友だち追加 WSBBGのLINEオリジナルスタンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です