ローソク足のヒゲをFX相場で最大限に活かす方法

2017年にFX証券会社のコンテストで第3位に入賞した実績を持ち、2018年4月からFXの個別指導を開始、同年10月からFX勉強会を主催で開催しております。

ローソク足のヒゲは買われた事実、売られた事実です。しかしながら単純に下ヒゲが出たから買い、上ヒゲが出たから売りなんてやってると確実に負けるわけなのですが、ヒゲのサインにアレを加えるだけで、あなたも天底マスターになれるかも?この記事では、ヒゲをどのように活用していけばFX相場で生き抜いていけるかをご紹介します。

ローソク足の下ヒゲ切り上げ

ローソク足のヒゲプライスアクション 例1

水平線①を上抜いたあとネックライン近辺まで下げてきています。複数回下を試したあと赤丸部分で下ヒゲが切り上げました。何回も下を試して抜けれないと、上げるしかないですね。大きく動く前には加速か反転のサインのコマ足が出る事が多いので良い仕掛けポイントとなります。

ローソク足の上ヒゲに対してハラミ足からのトレンド転換

ローソク足のヒゲプライスアクション 例2 左:4時間足 右:30分足
30分足オレンジ色丸拡大

左チャート4時間足の青い四角が安値を更新してきた起点となった位置です。4時間足チャートと30分足チャートのオレンジ色丸は同じ位置です。4時間足の安値を更新してきた起点を30分足で上抜いてきましたが、それがダマシとなり勢いよく下げてきました。30分足のオレンジ色丸をよく見ていただきたいのですが、陽線上ヒゲ①の次の足②が①の上ヒゲに対してハラミ足となっています。さらに②の次の足③が②に対してツツミ足となっています。ヒゲに対してのハラミ足→ツツミ足は高値圏や安値圏で反転のサインとして出やすいです。検証してみてください。

V字上昇後に買い続かず上ヒゲ連発ナイアガラ

ローソク足のヒゲプライスアクション 例3

V字で上昇してきましたが、そのあと緑丸の上ヒゲを否定する陽線が出て2回上を試すも続かずゆっくり下落。再度黄色い四角の位置まで上昇してきて上ヒゲ連発でナイアガラの滝。

ツイッターのフォローをよろしくお願いします

まとめ

高値圏での上ヒゲ切り下げ、安値圏での下ヒゲ切り上げ、高値圏での上ヒゲに対してのハラミ足、安値圏での下ヒゲに対してのハラミ足はトレンド転換のサインとして出現しやすい。

また、上ヒゲを否定する陽線後、高値圏で揉み合いネック下抜けから、再度上昇目指すも高値越えられず上ヒゲ連発や下ヒゲを否定する強い陰線後、安値圏で揉み合いネック上抜けから、再度下降目指すも安値超えられず下ヒゲ連発はチャンスです。今回はローソク足のヒゲをFX相場で最大限に活かす方法を紹介しました。参考にしてみてください。





友だち追加 WSBBGのLINEオリジナルスタンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です