↓環境認識・FXエントリーポイント・損切り設定などを解説したFXエントリーポイント公開の記事はこちら

FXエントリーポイント公開

こちらの【FXエントリーポイント公開】・FX動画の【ダブズちゃんねる】・Twitter(ツイッター)ではFXコンテスト第3位入賞の実績がある運営者のエントリーポイントを公開しています。WSBBG独自のプライスアクションはスキャルピング5PIPSのタイトな損切りでエントリーポイントから50PIPS~200PIPSを狙う究極の損小利大トレードです。

FXで勝ち組になるためには、正しい知識を身につけ、資金管理・リスク管理と一体化した再現性のあるトレードが必須です。

↓FXエントリーポイントおすすめ見出し↓

FXエントリーポイントの確認でやってはいけないこと

75.2PIPSゲットしたFXエントリーポイントノーカットフル動画はこちら↓

FX動画:FXエントリーポイントノーカットフルレバレッジ

Contents

FXエントリーポイント公開

こちらの記事では海外のFX証券会社の主催するFXコンテストで第3位に入賞した運営者FXエントリーポイントを公開しています。環境認識・エントリーポイント・エグジットポイント・損切りポイント・リスクリワード・FXエントリーポイントの根拠と詳細に解説しています。

「FXエントリーポイント公開」の他の記事を読む

補足:FXエントリーポイントとは

EURNZDのFXエントリーポイント(1万円チャレンジ企画)

FXエントリーポイントとはFXの売り買いを入れる価格とタイミングの事を言い、誰もがFXをやり続ける限りエントリーポイントの精度を追究し続ける必要があります。

例え環境認識が正しかったとしてもエントリーポイントで入るタイミングを間違えるとFXで安定して勝つ事ができません。逆に、エントリーポイントのタイミングに磨きをかけて極める事により、勝ち組トレーダーへ一気に近づく事ができるのです。

画像はFXの通貨ペア、EURNZD(ユーロニュージーランドドル)の1万円チャレンジ企画のFXエントリーポイントです。

私のFXエントリーポイントの利点はスキャルピングのタイミングでエントリーするため5PIPSから10PIPSのタイトな損切り設定で、50PIPS、100PIPS、200PIPSと大きなリワードを可能としています。

FXエントリーポイントノーカットフルレバレッジ|FX動画

EURNZDのFXエントリーポイント、ノーカット動画:【DEAD or ALIVE FXエントリーポイント公開】1万円チャレンジ、フルレバ1発勝負ノーカット。結果は3倍以上に‼

EURNZD(ユーロニュージーランドドル)のエントリーポイントからエグジットまでのノーカット版はこちらのYouTube動画をご視聴ください。

1万円チャレンジ企画では10,000円の証拠金を1回の取引でどれだけ増やせるかに挑戦しています。EURNZD(ユーロニュージーランドドル)はマイナー通貨でスプレッドも広いため、10PIPSの損切りでは序盤にヒヤヒヤしましたが、一撃75.2PIPPSで資金を3倍に増やしました。

FXエントリーポイントの確認でやってはいけないこと

この記事を読む事で、あなたは徹底した資金管理とリスク管理、鉄板の環境認識能力を手に入れる事ができます。逆に、このFXエントリーポイントの確認を怠るとあなたが絶好のエントリーポイントで入る事ができたとしても、そのエントリーを利益に変える事はできません。FXエントリーポイントは重要ですが、エントリーポイントの確認でやってはいけないことを良く理解しましょう。

FXではエントリーポイントが確定した後に損切りを変えてはならない

FXで長期的に安定して勝ち続けるためには、ポジションの入り口と出口を事前に決めておかなければなりません。1つのトレードに固執し損切りを変えてしまう事はルールを破る行為でありルールを破る事に慣れてしまうとポジションが逆行する度にメンタル崩壊を引き起こし、あなたのポジションを塩漬けにしてしまい結果的に大切な証拠金の全てを溶かす事に繋がります。FXで一番怖い事は、ルールを破る事であり、ルールを守る事ができないFXトレーダーは資金を入金しては証拠金を溶かすという行為をFXの世界から退場になるまで半永久的に繰り返します

FXのエントリーポイントが決まっていても資金管理ができていない

資金管理を徹底してこそ絶好のFXエントリーポイントが利益に繋がります。資金管理を軽視する人はトレードで勝つ事ができません。トレードで安定した収益を得るには自分の証拠金に対して1日の損失限定率を1.5%以内とし、さらに毎トレードごとの損失限定率も決めておきましょう。FXトレーダーの多くが取引ごとの損失限定率を決めていないという事は分かっています。損失限定率を決める事で1日で全ての証拠金を溶かしてしまう事がなくなり、メンタル崩壊を起こすキッカケがなくなります。

FXのエントリーポイントは一球入魂|戦略なしのナンピンをやってはならない

ナンピンを行うトレーダーの99%が結果的に全証拠金を溶かしています。戦略なしの一時凌ぎのナンピンは絶対にやめましょう。仮にナンピンで運良く9割のトレードで勝てたとしても残りの1割のトレードで全ての証拠金を溶かしているようではトレーダーとしての成長はありません。私はナンピントレーダーがナンピンで逃げたという言葉を良く耳にするのですが、そういう方に限ってコツコツとためた利益を1回の取引で全て溶かしています。1億円をナンピンで増やしたと自慢していながら結果的に1憶円以上をナンピンで失っていてトレーダーとして成長していると言えますか?

FXではエントリーポイントを探す時に1分足のみを凝視しない

FXエントリーポイントを探す時に1分足のみを凝視しているトレーダーはFXで勝つ事ができません。相場は一定のサイクルで動いています。トレンド相場が終わってから次のトレンド相場が再開するまでには時間を要します。必ず4時間足や15分足を確認し環境が整ってから1分足でのFXエントリーポイントを確定させましょう。

FXのエントリーポイント|ブレイク手法の売買は勝てない

FXエントリーポイントのブレイクポイントNG例

この記事を読む事で、あなたはブレイク手法の売買では勝てない事を知り、絶好の押し目買いや戻り売りを狙える知識が身に付きます。FXのエントリーポイントとして、勝てないトレーダーがブレイク手法での売買を行う事を私はNGだと考えています。一部エントリー後の逆行で逃げるのがうまいトレーダーもいますが逃げる事にうまくなりすぎてしまうと、大きなトレンドを取り逃がしてしまう事もあります。多くのトレーダーがブレイク手法でエントリーしても、すぐに逆行してしまい、ポジションを狩られてしまいます。理由は簡単で、相場は買われたら売られる、売られたら買われるの原理原則のもとに相場の流れとトレンドを形成しているのです。

どんなに強いトレンド相場も一方的に上昇・下降を続けるなんて事はありません。FXは2国間の通貨のバランスで成り立っており、売買が繰り返されています。特に、大口投資家の心理としては高値を抜いてきたら達成感から一度手仕舞いを考えるでしょうし、そうなるとトレンド転換が発生します。そして、大口投資家は再度、押し目や戻り目を待って絶好のFXエントリーポイントを探るのです。

画像をご確認ください。水平線のブレイク部分を丸で囲っています。黄色の丸の直前に強い下降の売りが入ってきています。いったん水平線を下抜けましたが、あなたは、ここをFXエントリーポイントとしてブレイク手法で売りますか?水平線を自分ならもっと下に引くという声が聞こえてきそうですが、勝てない人ほど自分都合の後付けの水平線を主張しますし負けた後も自分の間違いを認める事ができずに自分のFXエントリーポイントを肯定するのです。そりゃ誰だって自分の間違いを認める事は辛いですよね。でも、FXで勝ちたいのであれば、自分が主役なのではなく、相場が主役である事に早く気づくべきです。

ピンクの丸では水平線を抜けたけど、結局ダマシとなって、すぐに逆行しています。オレンジの丸では明確に水平線を上抜けたものの、結局すぐに逆行しています。赤丸では水平線の下抜けを売りで狙った方は、すぐに損切りになっているでしょう。シルバーや青の丸でも水平線上抜けから、すぐに逆行しています。

FXで勝つためのFXエントリーポイントはローソク足の売買の失敗を見極めたエントリーポイントを探る事が重要であり、トレーダーは相場が売買を繰り返しながらトレンドを形成している事実に早く気が付くべきです。この相場の原理原則を事を理解できているなら、今まで買っていたFXエントリーポイントが実は売りのエントリーポイントであった事に気づいているでしょうし、今まで売っていたFXエントリーポイントが買いのエントリーポイントであった事に気づいているでしょう。

FX初心者におすすめのテクニカル分析

FX初心者におすすめのテクニカル分析:水平線とプライスアクショントレード

この記事を読む事で、あなたはインジケーターを使わずにトレードで勝つテクニカル分析の方法、シンプルなプライスアクショントレード手法を理解する事ができるようになります。私はFX初心者の方に特におすすめしているテクニカル分析があります。それはインジケーターを必要としないローソク足のプライスアクションと水平線です。ここであなたはFXトレーダーの多くがインジケーターを使っている中で、なぜインジケーターを使わないテクニカル分析をおすすめするんだろうと疑問を持つかもしれません。FXの世界では勝ち組が1割から2割と言われています。FXトレーダーの多くがインジケーターを使っていて、その多くが負けているわけなので、インジケーターを使う事自体が多くのトレーダーにとって余計なものになっていると私は考えるのです。もちろん少ないながらもインジケーターを使いこなしている勝ち組トレーダーは存在します。

しかしながら、FXの個別指導やFX勉強会、Twitterなどでのトレーダーとのやり取りからFXトレーダーの中で負けているトレーダーにフォーカスすると面白い事が分かってきたのです。それは多くのトレーダーがインジケーターに依存し過ぎてしまっているという事です。例えば、インジケーターが買いや売りのサインを教えてくれると勝てないトレーダーほどインジケーターのサインに従いトレードしています。FXは買いと売りの2択なので、このようなインジケーター依存トレードでは必ずトータルで負けるようにできているのです。理由はFXにはスプレッドや手数料が存在し、更に追い打ちをかけるようにお金が絡むことによりメンタル崩壊による損大利小トレードが出来上がります。

私がインジケーターを勧めない理由はもう1つあります。それはインジケーターが価格の後追いでしかないという事です。つまり、ローソク足の終値によって遅れてインジケーターのサインが形成されるのです。この事に気づかない多くのインジケーター愛用家は、すでにトレンドが終わった事に気づかずにMAに当たった事を理由に今日もトレードしています。

値動きには勢いが存在しローソク足に値動きの勢いは表れます。値動きに勢いがある時にMAに当たった事やオシレーター系のインジケーターが買われ過ぎや売られ過ぎを示唆している事を根拠にトレードしたところで、勝てるわけがないのです。なぜならトレンドに対して逆行したトレードを行っている事になるからです。

まとめると、ローソク足のプライスアクションが全てであり、最速のインジケーターです。さらに1個だけ水平線という便利なツールを追加するだけでFXは勝てるようになるのです。もちろん私はインジケーターを否定しているわけではありません。インジケーターに依存して結果的に勝てないのであれば、インジケーターを捨てましょうというのが私の考えです。FX初心者であれば知識がない分、最初からローソク足のプライスアクションを学ぶ事で不要な知識を入れる心配もありません。ですので、私はFX初心者のテクニカル分析にはインジケーターを使用しないローソク足のプライスアクショントレードを強くおすすめしています。

FX取引の口座開設について

この記事を読む事で、あなたは国内のFX業者と海外のFX業者の違いを理解する事ができるようになります。私は国内のFX業者はB-BOOK方式のため、一切信用していません。

FXはどこの業者を使って取引するかがトレード成績を大きく左右します。FX業者の中には粗悪な業者が沢山ありますが、特に国内のFX業者のほとんどがDD方式(B-BOOK方式や相対取引とも言われる)を採用しており呑み行為を行っています。令和のご時世に嘘のような話ですが、国内の法律ではFXの呑み行為は合法となっています。あなたの証拠金は信頼できるFX業者に預けましょう。FXはお金を稼ぐために行っているわけなのでFX業者から不正にお金を減らされては本末転倒です。今使っているFX業者に違和感を感じていたり少しでも思い当たる節があれば今すぐ口座ストップを。

国内のFX業者が行っている呑み行為とは

海外のFX業者の多くがNDD方式を採用しています。NDD方式であれば、トレーダーの注文は取引所へ直接流します。NDD方式ではFX業者の利益はスプレッドのみとなります。しかしながら、国内のFX業者の多くがDD方式を採用しています。DD方式とは、呑み行為の事を言いFXは負け組が9割である事からトレーダーの取引を取引所へ流さずに、トレーダーがポジションを取ると国内のFX業者はトレーダーと反対のポジションを取り、トレーダーが力尽きるのを待っています。さらに、呑み行為を行う国内のFX業者は1割の勝ち組トレーダーのポジションだけは直接、取引所へ流しリスクを回避する事もあります。国内のFX業者はスプレッドと呑み行為で利益を得ています。

FX取引の口座開設は慎重に|プレゼント配布のFX業者ほど注意せよ

国内の呑み行為を行う業者の中にはコロナショックなど相場が不安定なフラッシュクラッシュ時に急激な100PIPS以上のスプレッドの開きでトレーダーのポジションを食い潰している業者もあります。特にラーメンなどの食品を配っている業者には注意しましょう。トレーダーへのプレゼントの資金元はトレーダーが負けた事により得たお金です。

FX取引の口座開設おすすめ理由1|完全A-BOOK以外はNG

私は数年前まで国内のFX業者を使っていたのですが、指標発表時など、あまりにもスプレッドの開きが酷かったので海外のFX業者の口座開設をしました。私の使っているFX業者はNDD方式(A-BOOK方式)で呑み行為は行えませんし、行う必要性がありません。NDD方式ではスプレッドのみがFX業者の利益となるからです。トレーダーの全ての取引を直接、取引所へ流すので私は安心して使用しています。ちなみに国内のFX業者のうち私がアリだと考えている業者は数社のみです。過去のFX業者とのやり取りや国内のFX業者を使ってきた経験から完全A-BOOKのFX業者以外は使うべからずを肝に銘じています。

→私の使っている完全A-BOOKのおすすめ口座開設はこちらから登録できます←

FX取引の口座開設おすすめ理由2|XMとの最狭スプレッド対決圧勝

2020年8月7日現在 スプレッド比較
左:私の使っているおすすめFX業者 右:海外FX業者のXM証券

私が使っているFX業者は海外でNO1の最狭スプレッドです。上のスプレッド比較表をご確認ください。画像右の海外FX業者XM証券のスプレッドはかなり広いので取引回数が増える度にトレーダーはたくさんの手数料を支払っている事になります。私のおすすめしているFX業者を口座開設すると、どの通貨ペアもXMより圧倒的にスプレッドが狭く、マイナーな通貨ペアでさえも1PIPS未満の超タイトな損切り設定が可能であるというメリットがあります。ちなみに私のおすすめしているFX業者のポンド円の最低損切り設定は1PIPS未満ですが、海外の証券会社XMのポンド円の最低損切り設定は16PIPSです。これでは多くのトレーダーが無駄な手数料を相場へ垂れ流してしまう事になります。特にEURUSD(ユーロドル)はXMのスプレッドの1/2となっており、仮に100万通貨(10LOT)であれば1回当たりの取引で海外のFX業者XMより1万円も安い手数料で取引できる事を示しています。100回トレードすれば100万円も安く取引できるのです。

→私の使っている完全A-BOOKのおすすめ口座開設はこちらから登録できます←

トレンドラインで高勝率トレーダーを目指そう

この記事を読む事で、あなたは高勝率で勝てるトレンドラインの正しい使い方を理解する事ができます。トレンドラインは調整波の終焉を私たちに教えてくれます。もし、あなたがFXで押し目買いや戻り売りを狙っているけど、損切りラッシュから抜け出せないと悩んでいるのであれば、真っ先にトレンドラインを極めましょう。トレンドラインの本当の使い方をマスターする事で、トレンドの波に乗りながら高勝率で大きな値幅を狙える勝てるトレーダーになれるのです。

トレンドライン抜けの高勝率のFXエントリーポイント

高勝率を狙えるトレンドライン抜けのFXエントリーポイント

画像のFXエントリーポイントは鉄板トレンドライン抜け高勝率のFXエントリーポイントです。まず、黄色のボックス内は下落トレンドが否定されていないため、本格的な買いはNGです。買いを狙うのであれば、せめて黄色のボックス上限を抜いてからでないと大きな値幅は期待できません。

暫くすると明確に黄色のボックス上限を上抜いてきました。ここでもまだ慌てて買ってはなりません。理由は下降のトレンドラインを上抜けていないためです。上昇トレンドを狙う場合には売りがしっかりと失敗した事を確認しないと下落トレンドの燃料にされてしまいます。トレンドラインでの売りの失敗とは、明確に下降のトレンドラインを上抜けてくる事を言います。

赤丸近辺では、ようやく下落のトレンドラインを抜けてきたわけですが、ここでもまだ買いはNGです。理由は直近で小さな下降トレンドとなっており、直近の陽線が高値を抜いてきていないためです。このような時には、ボックスの下限近辺やトレンドラインの下限当たりまで待ちましょう。

ピンクの丸当たりでは、ようやくボックスの下限近辺までゆっくりと下落してきてくれました。さらにトレンドラインも上抜いている状況が続いています。ようやく、ここで売り圧力が弱くなった事や売りが失敗したなという事を確認できるので買いエントリーを狙っていきます。正弦波のトレンド相場は大きな値幅を狙う事ができます。

FX教材はNG|勝てないトレーダーにはFXの個別指導がおすすめ

この記事を読む事で、あなたはFX教材の多くが勝てない事を理解する事ができます。トレーダー1人ひとり個性があるため、私はパソコンを介したFX個別指導をおすすめしています。日本は他国と比べるとIT化が遅れていますが、インターネットで検索すると、たくさんの勝てないFX教材が出回っています。FX教材は高額なものから無料のものまで様々ですが、詐欺まがいのものばかりです。もちろん仮に本当に勝てるのであれば高額でも対価として、お金を払う価値があります。無料の教材に関しては中身のないものであれば、いくら無料と言えど関わるだけ時間の無駄です。情報化社会では自分で取捨選択できる能力を養わないと価値なきものに振り回され養分にされてしまいます。裁量トレード以外で資金を増やせるものは大きなリスクを伴うEAくらいしか私は知りません。

私は情報に振り回される事なく、裁量を磨く事をおすすめします。時間は有限なのでフラフラ過ごしていると、すぐに一日が終わります。10年後にあなたの明るい未来は見えますか?裁量トレードを磨くには1対1のパソコンを介したスカイプレッスンのFXの個別指導を受講しましょう。

サイクルトレードで有名なFX教材屋のインジケーターは100万円

アカウント名は伏せますがTwitterのフォロワー1万人オーバーの方が100万円のインジケーターをFX教材として販売しています。おそらくフォロワー数から計算して何百人という方が、このインジケーターを購入したと思いますが、Twitterを見る限り、勝てるようになった方は数%でしょう。勝てる方というのは相場の本質を理解していて、元々インジケーターを使っても使わなくても勝てる方です。

私は、あるトレーダーの方から相談されて、この件を知りました。相談してきた方はFX教材のインジケーター販売者から言われたとおりにトレードしたものの勝てなかったので諦める事ができずにインジケーターをEA化してみたところ精度はMA(移動平均線)程度のレベルで資金は増えなかったようです。結局のところEAやインジケーターで勝てるのなら、全てのトレーダーが勝てる事になるので、FXがゼロサムゲームである事に矛盾します。

私はFXで勝てるようになるには裁量トレードを磨くしかないと考えています。FXで勝てるようになりたいと本気で考えている方からのFX個別指導の受講をお待ちしています。

→個別指導についてはこちらから←

※費用対効果抜群のスキャルピングにも使える【超ハイスペック格安FXパソコン(PC)及びディスプレイモニター、パソコン(PC)周辺機器等】はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です