FXのマーケットでは、色々な手法や思考がある中で、勝つための方法も多彩です。成功しているトレーダーは全体の1割程度で、ドル円が好きなトレーダーもいれば、ポンド系が好きなトレーダーもいます。

さらに、マーケットの分析法はプライスアクションを使うトレーダーがいたり、MAやBBを使うトレーダーがいたりと、これもさまざまです。

事前準備能力

トレーダーは自身の証拠金に対して1回の取引で何Lot入れるか決めておかなくてはなりません。また、証券会社によって、1Lotの大きさは変わります。スプレッドの広さや手数料の有無も知っておかなければなりません。これらは、トレード前に決めておくことが可能なので、しっかりと事前準備をしてからトレードにのぞみましょう。

分析能力

エッジ(優位性)のあるトレード方法を見出すには、マーケットがなぜ動くのかを理解しなければなりません。FX初心者にありがちなことが、チャートをみると全てがチャンスに見えてしまい、乗り遅れてしまう感に駆られてポジションをすぐにとってしまいたくなるのです。ですが、トレンドは全体の3割と言われているように、チャンスなどそうそうないのです。ノントレンドだと理解しながら取引するのはありですが、トレンドはすでに終焉している可能性が高いところでトレンド継続戦略をたててしまい、取引することはお金をドブに捨ててしまうことと同じです。高値圏で買ってしまったり、安値圏で売ってしまったりの経験を皆さんお持ちでしょう。

自己制御能力

トレードは仕事と捉えて、ギャンブルトレードとならないように計画やルールに沿って行わなければなりません。最大の敵は己です。自分をいかにコントロールしていくか。検証を重ね、自信をつけていけば中途半端な価格での取引も徐々に減ってきますので自ずとトレードの質は向上していきます。

トレード記録を残す

毎トレードごとにエントリーやエグジットの理由、取引Lot、取引通貨ペア、エントリー時間、エグジット時間、エントリーとエグジットの価格、獲得PIPS、獲得損益、エントリー前の感情やエントリー後の感情と、反省や良かった点などを残しておきましょう。また、エントリーエグジットの位置をあとで見返すことができるようにスクリーンショットを残しましょう。瞬時にどこで取引したかわかるように矢印をつけてからスクリーンショットをとることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?トレーダーが長期的に安定して勝つために必要なことを書いてみました。全てやっていますと自信をもって言える方は全体の3割でしょうか?やっていない部分があれば、今からぜひ実践してみてくださいね。基礎を重んじて実行に移す方とそうでない方は成長の度合いも大きく変わってきます。

FXについて悩みなどあれば、質問等こちらのお問い合わせかLINE@から受け付けています。頑張っていきましょう。





友だち追加 WSBBGのLINEオリジナルスタンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です