2017年にFX証券会社のコンテストで第3位に入賞した実績を持ち、2018年4月からFXの個別指導を開始、同年10月からFX勉強会を主催で開催しております。

FXはトレンド相場での押し目買い、戻り売りにFXエントリーポイントを絞るだけでも十分な利益を残す事ができます。今回はあなたの今後のエントリーポイントに更なる磨きをかけるように高値や安値に到達したあとのローソク足の「ある3つのテクニカル分析」から作り出される究極の手法をご紹介します。

FXエントリーポイントの要、テクニカル分析の押し目買い戻り売り

FXテクニカル分析で押し目買いとは、買いの流れの中で、いったん買いの流れが終わらない程度の調整売りが入ってきたあとに、再度買いの流れが続くことを予測し、調整の売りが失敗したところで買いのエントリーポイントでポジションをとる事を言います。また、FXテクニカル分析で戻り売りとは、売りの流れの中で、いったん売りの流れが終わらない程度の調整買いが入ってきたあとに、再度売りの流れが続くことを予測し、調整の買いが失敗したところで売りのエントリーポイントでポジションをとる事を言います。

FXエントリーポイント手法|テクニカル分析の押し目買いと戻り売り

FXエントリーポイント手法ではFXテクニカル分析を駆使した押し目買いと戻り売りのタイミングが重要です。

FXエントリーポイント|FXテクニカル分析の絶好の戻り売り

FXテクニカル分析のFXエントリーポイント戻り売り手法 ポン円 日足

皆さんは、FXテクニカル分析の観点から考えると黄色の丸当たりで買いと売りのどちらを考えますか?私の場合、いったん上昇の流れになっているので、安値を更新した起点までの限定的な買いができるようであれば、押し目買いのエントリーポイントを、できないようであれば上に引き付けて戻り売りのエントリーポイントを狙います。

FXテクニカル分析のFXエントリーポイント戻り売り手法 ポン円 日足のその後のチャート

FXテクニカル分析のFXエントリーポイント戻り売り手法 ポン円 日足のその後のチャートです。青の四角の一番左に上ヒゲがあり、上ヒゲはテクニカル分析ではゾーンとして捉える事ができるので、このゾーンまで価格が戻すと絶好の戻り売りのエントリーポイントとなります。ちなみに黄色の丸ですが、これはローソク足の「3つのある条件」から作り出される究極のエントリーポイント手法です。絶好の戻り売りのFXエントリーポイントに到達してからの黄色丸サインで売りを行えば爆益となっていました。なんて大層な事を言ってみましたが、手法なんて本来FXの勝ち負けには関係ありません。一番大切な事はマイルールを守る事と検証結果から得た自信があれば誰でも勝つ事はできます。テクニカル分析を駆使して相場の流れさえ掴む事ができれば引き付けるべきところまで引き付けて、あとはどこから入っても利益になるのです。

FXエントリーポイント|FXテクニカル分析の絶好の押し目買い

FXテクニカル分析FXエントリーポイント押し目買い手法 豪ドルドル 30分足

FXテクニカル分析FXエントリーポイント押し目買い手法 豪ドルドル 30分足の画像をご確認ください。皆さんはFXテクニカル分析の観点から考えると黄色の丸のあたりで買いと売りのどちらを考えますか?私の場合、高値圏のネックライン近辺からの戻り売りのFXエントリーポイントか、そろそろ売り圧力が弱くなってきたと判断できるところからの押し目買いのFXエントリーポイントを狙います。

FXテクニカル分析FXエントリーポイント押し目買い手法 豪ドルドル 30分足 その後のチャート

FXテクニカル分析FXエントリーポイント押し目買い手法 豪ドルドル 30分足 その後のチャートをご確認ください。ネックラインから再度売りが仕掛けられてきています。黄色の小さい丸は高値圏で効力を発揮するローソク足の「ある3つの条件」から作り出される究極のエントリーポイント手法です。赤丸は安値圏で効力を発揮するローソク足の「ある3つの条件」から作り出される究極のエントリーポイント手法です。画像一番下に大きな流れのネックライン候補があります。そこに到達して安値を切り上げながら綺麗に上昇しています。赤丸は押し目買いのFXエントリーポイント候補になります。

こちらをクリックしてツイッターのフォローをよろしくお願い致します

まとめ

今回はFXテクニカル分析の要、押し目買い、戻り売りの究極FXエントリーポイント手法をご紹介いたしました。まずは30分足以上の大きな流れをテクニカル分析で掴み、相場がどちらにいきたがっているのか仮説を立てます。そして大きな足の高安を更新した起点やネックラインなどに水平線を引きます。大きな流れが上方向であれば、調整の売りが失敗したところで押し目買いのFXエントリーポイントを狙い、大きな流れが下方向であれば、調整の買いが失敗したところで戻り売りのエントリーポイントを狙います。重要なネックラインや水平線に到達したらトレンド転換するのであれば、相場が勢いよく反転するはずなので、あせらずに高安の切り上げ、切り下げを確認してエントリーポイントからの利益を大きく伸ばしましょう。逆に、重要なネックラインや水平線に到達しても反発が弱いようなら注意が必要です。テクニカル分析力を鍛える事でどんな相場に遭遇したとしても慌てずに対処する事ができます。

おすすめのFXエントリーポイント公開記事





友だち追加 WSBBGのLINEオリジナルスタンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です