保険の見直しはFPへ無料相談

保険はあなたの人生で2番目に高い買い物だと知っていましたか?自分にとって、より良い保険へ見直すようFPへ無料相談しましょう。



FPに保険の見直しを無料相談するならこちらをクリック

がん保険・生命保険では支払い時の親族間トラブルが一番多いそうです。保険に加入していない人は少ないため、経験の浅い社員(以下、社員A子)は頼りやすい親戚(以下、親戚B助)に保険加入を勧めるためです。

私と20歳ほど離れた従兄(いとこ)の子供(20代中頃に某保険会社で働いていた)の話ですが基本給が10万円で、毎月最低でも2件の新規を取らないと生活ができないほどキツイと話していました。

親戚関係という慣れ合いがまねく保険加入時の間違い

親戚B助が必要とするであろう保険プランの多くは将来、親戚B助に保険金を多く支払うリスクが高まるため社員A子にとっては実績が少ないのです。社員A子は親戚B助がクライアントであっても生活がかかっているので必死です。葛藤がありながらも社員A子は自分にとってメリットの大きい保険を親戚B助へ勧めました。親戚B助は社員A子の事を信頼していますし、保険の内容をあまり詳しく聞いていないようです。

親戚B助は自分や家族の将来のために理解した上で保険に加入する必要がありますし社員A子も親戚B助に保険の内容を説明し納得してもらった上で締結の必要があります。親戚同士だからこそ、お金が絡んでしまう事で縁が切れてしまうケースが一番多いようです。そんな事あるかーなんて思うかもしれませんが、これは私が保険の無料相談FP(ファイナンシャル・プランナー)から聞いた実話です。

例えば、死亡保険であれば加入者が亡くなってしまった場合、必ず支払わなければならないものです。人間いつかは皆亡くなります。一人ひとりに死亡保険を数千万も支払っていては保険の仕組みとして成り立ちません。保険会社はなるべく保険を支払わなくても良いように、何かしらの工夫をしています。

トラブルケース

ケース1 加入者本人が50歳で亡くなったが支払われた保険金は100万円だった。保険に加入した当時は1,000万円の保険に加入していた。しかしながら1,000万円のうち900万円は40歳で受け取る権利を失う保険であった。10年以上終身保険1,000万円に加入していると勘違いしていた加入者は、40歳の保険更新時に死亡保険が100万円になっている事に気付いていなかった。

ケース2 加入者本人が、ある病気になった。3大疾病のプランに加入して安心していたが、3大疾病に当てはまらない病気のため支払対象外だった。

ケース3 加入者本人が、がんになった。先進医療給付特約を付けていなかったため、粒子線治療を受けるための保険金を受け取る事ができなかった

がん保険・生命保険加入時のポイント

1、保険金を受け取る事を想定し加入しましょう。

2、先進医療給付特約を付けましょう。掛金は月額数百円です。加入することで粒子線治療などの先進医療が受けられます。

3、三大疾病だけでなく七疾病にも対応できる保険にしましょう。

4、終身保険は死亡保険だけでなく、病気やケガにも備えましょう。

5、一部、終身となっていない場合があります。注意しましょう。

ツイッターのフォローもよろしくお願いします

まとめ

保険は掛け捨てが基本です。積立式には掛け捨て部分と積み立て部分の掛金が含まれています。必要最小限のシンプルなプランをお勧めします。そして、トラブルが起こる事のないように契約内容をよく理解した上で締結しましょう。保険は複雑で新しい商品もどんどん出ています。保険の見直しはプロであるFP(ファイナンシャル・プランナー)に無料相談する事をお勧めします。



FPに保険の見直しを無料相談するならこちらをクリック

最後に、貯金だけでは将来が不安です。FXは学ぶだけなら独学で0円から始める事も可能です。また、運用できるレベルになったら1,000円からでも取引可能です。1年~2年、10年後の土台を固めるため、今からFXを学びましょう





友だち追加 WSBBGのLINEオリジナルスタンプ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です